カラコン通販|モアコンタクト(モアコン)

もっと詳細にしぼり込む

BC(ベースカーブ)ってなに?
カラコン選びに欠かせない
目に合わせたレンズの選び方

女性

カラーやサイズじゃない!?カラコン選びで大事な要素はBCだった!

カラコンを選ぶときには、印象や見え方が重視されるためカラーや着色サイズを重視する方は多いです。でも、それだけでカラコンを選ぶのはNG!実は、カラコンを選ぶうえで大事な要素はBC。このBCによってカラコンをつけたときの装用感に関係します。
自分の目に合ったカラコンを選ぶことで、使用しているときの装用感は快適になりますし、目のトラブルを予防することにも役立ちます。ここでは、カラコン選びに重要なBCの基礎知識と気をつけておきたい目のトラブルや、BCを正しく計測する方法をご紹介します。

まずはカラコンの「BC」を知ろう

「BCはカラコンを選ぶときに重要」と言われても、はじめてカラコンをつける人やカラコンにあまり詳しくない人からすると、BCってなんだろうと感じると思います。まずは、BCの知識について正しく理解していきましょう。

BCとは?

BC

目は丸い形をしているので、カラコンのレンズは平らではなくて目に合わせるように曲がっています。そのレンズの曲がり具合を示したものがBC(ベースカーブ)になります。人の目は誰しもが丸いですが、目の湾曲度合いは1人1人違います。カラコンのレンズがしっかりと目にフィットするように、湾曲度合いをmm単位で調整して、その数値をBC(ベースカーブ)として出しています。

BCと数値について

湾曲度合いをmm単位で表しているBCは、「8.6」や「8.7」など小数点のついた数値で記載されています。このBCの数値が小さいとレンズの曲がり具合がきつくなり、BCの数値が大きいとレンズの曲がり具合がゆるやかになります。

日本人の平均BC

日本人は眼球が比較的大きいので、平均BCは8.6mm~8.7mmと言われています。なお、この数値は平均なので、必ずしも全員がこのBCというわけではありません。人によっては、BCが8.3mmや8.9mmという値もあります。

カラコンのBCの種類

カラコンは基本的に8.3mm~8.9mmのBCを取り扱っています。その中から、日本人の平均BCに合わせて8.6mm~8.7mmのレンズを販売しているメーカーがほとんどです。その場合はBCの数値をしぼって生産しているため、BCは度数(PWR)のように多くの幅から選んで購入することはできません。

自分の目に合うカラコンを選ぶにはBCがカギ!

BC(ベースカーブ)はレンズの曲がり具合を示す数値ということが分かりましたね。自分のBCに合ったレンズはつけ心地が良くて、まばたきをしたときにレンズが適度に動いてくれます。カラコンはメーカーが生産した数値のBCしか買うことができませんので、カラコンを選ぶときはBCを必ずチェックするようにしましょう!快適なつけ心地を求めるなら、カラーやサイズよりも先にBCを確認することが大事です。

BCは合っていないとダメ!?BCが違うと発生するトラブル

カラコン

中にはBCを確認しないでカラコンを買ってしまう人もいます。カラコンはソフトコンタクトレンズに分類されますので、レンズの素材が柔軟です。そのため、BCが合わなくても一応は目にフィットするようになっています。しかし、BCが合わないと目にトラブルが発生することもあるため、十分に注意しましょう。

BCが合わないと発生するメカニズム

カラコンと自分のBCが合わないことにより、少なからず目になんらかの影響を受けることもあります。ここでは、実際にどんなことが起こるのか、BCの大きさ別でご紹介します。

自分の目より小さいBCをつけている場合

数値の小さいBCはレンズの曲がり具合がきつくなるので、目を締めてつけてしまいます。この締め付けでレンズがズレにくくなりますが、目に張り付いてしまうことも。レンズが目に張り付くと違和感だけではなく、角膜に傷がついてしまう可能性があります。

自分の目より大きいBCをつけている場合

数値の大きいBCはレンズの曲がり具合がゆるやかになるので、レンズが目の中で安定することができません。目の圧迫感は減りますが、レンズがズレることでカラコンが外れやすくなるでしょう。また、レンズがズレてカラコンの色素が角膜に重なってしまい、視界が悪くなることもあります。

BCが合わないとこんなトラブルも…

カラコンは目に密着しておらず、実は涙の上で浮いている状態です。BCが合わないことで発生する圧迫感やレンズがズレることよって、目のトラブルを招いてしまう恐れがあります。

  • 充血になる
  • BCが自分の目より小さいと目が圧迫し、目の血管が膨らんで充血してしまいます。合わせて、レンズの圧迫感で目が痛くなってしまうこともあります。

    カラコンで目が真っ赤!?充血が発生する原因と7つの対処法

  • 目がゴロゴロする
  • BCが自分の目より小さいと、レンズのフチ部分が目に直接触れてしまうので目がゴロゴロしてしまいます。このゴロゴロ感のせいで、つけ心地が悪くなります。

  • ドライアイになる
  • レンズのフチ部分が目に直接触れてしまうことで、涙を出す部分もふさいでしまいます。そのせいで、涙が届かなくなってドライアイを引き起こしてしまうのです。

  • かゆみを感じる
  • BCが自分の目より大きいとレンズがズレるため、目のかゆみを感じやすくなります。かゆみをおさえようと何度も目をこすることで、目やにが出てしまうこともあります。

自分のBCを正しく把握する方法

BCが合わないレンズだと、色んなトラブルが発生するリスクがあります。目のトラブルを防ぎ装用感が快適なカラコンを選ぶためには、自分のBCを把握することが重要です。

BCは自分ではかることができない

「BCは自分ではかることができるの?」と気になるところですが、残念ながらBCは自分ではかることができません。ただし、自分で計測できないからと言ってBCを適当に選ぶのはNG!正しく計測できるところで自分のBCを把握しましょう。

BCを知りたいなら眼科へGO

BCを正しく把握したい場合は、眼科で検査をすることがオススメ。眼科であれば専用の医療機器を用いて、自分のBCを計測できます。また、はじめてのカラコンだと、BC以外にも視力や目の状態、カラコンをつけても問題がないかという点を眼科で調べる必要があります。カラコンを使用する際は、まず、眼科へ受診して検査を受けることが近道です。

カラコンを使用するなら眼科に行こう!眼科に行く必要性と受診方法

BCを測定する検査

BCはレフケラトメーターを使って測定します。レフケラトメーターは無害な赤外線を目に当てて、角膜の曲がり具合(曲率半径)を測ります。この曲がり具合をもとに、レンズのBCを選びます。眼科では問診をして、眼圧検査の次にレフケラトメーターを使った検査をされることが一般的です。

レフケラトメーターってどんな機械?

レフケラトメーターレフケラトメーターの映像

角膜の曲率半径と屈折を測定する、小さい画面がついた医療機器のこと。画面を覗くと気球などの映像を映っていたら、その医療機器がレフケラトメーターです。

BCを選定する基準

角膜の曲がり具合である曲率半径は、瞳の縦カーブと横カーブの中間値を基準にしてBCを選んでいきます。

目の画像

【参考例】

縦カーブ:7.50mm 横カーブ:7.70mm 中間値:7.60mm

縦カーブと横カーブの中間値を基準にするので目の曲率半径は、7.60mmになります。カラコンのBCは「中間値+0.8〜1.0」になるので、自分の目に合ったBCは「8.4~8.6」ということが分かります!

実際にカラコンをつけてフィッティング検査

BCの数値を出せたとしても、実際にカラコンをつけてみないとレンズの動きや目のフィット感などは分かりません。なので、レフケラトメーターでBCの数値を出したら、レンズをつけてフィッティング検査をします。このフィッティング検査でまばたきをしたときのレンズの動きを見て、最終的に眼科医が最適なBCを判断してくれます。

処方せんをもらってカラコンを買うのが安全

眼科での検査が問題なければ、BCや視力などの数値が書かれた処方せん(購入指示書)を受け取ります。はじめてのカラコンだと、この処方せんをもとにそのまま眼科でカラコンを購入するのが基本ですが、今後、ショップや通販サイトで手に入れたい場合は処方せんを見て買いましょう!処方せんで書かれたBCを見て、カラコンを買うのが安全です。

まだまだ気になる!BCのQ&A

ショップや通販でカラコンを購入する上で、BCに関する疑問はまだまだあるかも知れません。安心してカラコンを買うためにも、BCに関する気になる疑問を集めてみました。

Q

カラコンのメーカーによってBCの表示は変わるの?

A

コンタクトレンズのBCの表示方法は、国際的に統一されています。ですので、カラコンのメーカーが違っていても、BCの表示は同じです。

Q

BCの記載はどこを見ればいいの?

A

BCなどのレンズ情報は、カラコンのパッケージに書かれていることが多いです。また、ネットでもカラコンの販売サイトには必ずレンズ情報が載っていますので、事前に確認してみてください。

Q

自分のBCに合うレンズがない場合はどうすればいいの?

A

その場合は、自分のBC数値の±0.2mm以内であれば、許容範囲内として使うことができます。ただし、誤差のあるBCのカラコンをつけて違和感があるなら、すぐに眼科で相談をしましょう。

自己判断はNG!自分のBCを把握してカラコンを選ぶことが大事

女医

カラコンのBCについて、基礎知識や発生するトラブル、調べ方などを紹介しました。せっかくカラコンを買ったのに「ゴロゴロする」「レンズがズレる」という問題は避けたいですよね。そのためにも、自分のBCを把握して目に合ったカラコンを選ぶことが大事です!
BCを自己判断で選ぶのはトラブルを引き起こすこともあるため、カラコンを使用する際にBCの計測と基本的な検診を受けることが必要です。自分の目に合ったカラコンを選び、見た目も装用感も快適なものを選びましょう。

Waiting...