もっと詳細にしぼり込む

カラコン初心者必見!カラコン使用の前に知っておきたい基礎知識「DIA」と「着色直径」と「BC」

カラコン初心者さん必見!「DIA」、「着色直径」、「BC」とは?

ファッションやアクセサリーとして今や欠かせない存在となったカラーコンタクトですが、初めてカラーコンタクトに挑戦したい方は不明点が多くて心配ですよね。 そこで今回は【カラコン初心者必見!カラコン使用の前に知っておきたい基礎知識「DIA」と「着色直径」と「BC」について】ご紹介します。 カラコンに対して正しい知識を身に着ける事で自分に合わないカラコンを選んでしまうことや、眼のトラブルを回避できるようになるのでぜひ参考にして下さい。

カラコン使用前に知っておきたいカラーコンタクトレンズについての基礎知識

初めてのカラーコンタクト使用前には通常のコンタクトレンズと同じように「眼科を受診」しましょう。カラコンはインターネットでも簡単に購入できますが、あくまでも慣れた人が追加で購入する為の手段であり、コンタクトレンズ初心者にはおすすめ出来ません。初心者は眼科で診てもらうことでBC(ベースカーブ)や視力など、ご自分のカラコン選びに必要な項目を正確に測定してもらう必要があります。眼科と隣り合わせに店舗を構えているコンタクトレンズショップも多いので、初心者はまず店舗に出向いて眼科医や店員に直接相談してみましょう。


「DIA」とは

「DIA」とはコンタクトレンズそのものの直径のことで、「ダイア」と読みます。Diameter(ダイアミターもしくはダイアメーター)の略語です。コンタクトレンズを平らにした状態ではなく、カーブした状態のままで測定した直径の事です。一般的な単位は「mm」なので、例えば初めてのカラコンの詳細表記に「DIA:14.3」と表記されていた場合は「コンタクトレンズそのものの直径が14.3mm」という意味です。


「着色直径」とは

着色直径とはカラーコンタクトの色が付いている部分の直径の事です。黒目がどのくらい大きくなるかは着色直径によって決まるので、初めてのカラーコンタクトを選ぶ時にはDIAと同様に重要な数値です。カラコン初心者の方は着色直径の色が元の瞳に近いほどナチュラルな印象になることを覚えておきましょう。



「BC」とは

BCとはコンタクトレンズの曲がり具合を表す数値で「ベースカーブ」と読みます。BCの数値が大きいほど曲がり具合がゆったりとしていて、BCの数値が小さいほど曲がり具合がきつくなります。コンタクトレンズの曲がり具合を数値化したものがBC(ベースカーブ)ですので、初めてのカラーコンタクト選びの際にはあらかじめ眼科で測定してもらう必要があります。


初めてのカラコン選びのコツや初心者におすすめレンズの選び方

初めてのカラコン選びのコツや初心者におすすめのレンズの選び方を、BC・なりたいイメージ・着色直径・DIA・フチ・レンズカラーの6つの重要ポイントに分けて具体的にご紹介します。


BC(ベースカーブ)を確認する

まずはBCを眼科で測定してもらいましょう。「眼球」という文字通り、眼は丸い形をしているのでカラコンのレンズは平らではなく緩やかにカーブしています。眼球の曲がり具合は一人ひとり違うのでカラコンのレンズが違和感なくフィットするように、BCという表記が存在しているのです。BCのサイズが合っていないコンタクトレンズを着けてしまうとゴロゴロしたり、瞳に傷が付いてしまう可能性があり、さらには充血や痒みを感じる等、トラブルの原因になります。自分の眼に合ったBCのカラコンを選ぶことで使用しているときの装用感が快適になり、眼のトラブルを予防することになるのです。初めてカラコンを使用する方は、眼科を受診することでBC以外にも視力や眼の状態、カラコンを使用しても問題ないかを診断できるので、必ず眼科を受診しましょう。


なりたいイメージに合わせたレンズ選びのコツ

初めてカラコンを試したいと思った時の理由として「なりたいイメージが出来た」ということがあるはずです。なりたいイメージがまだ分からないという方は、まずイメージモデルで選ぶことをおすすめします。沢山のカラコンが販売されていますが、各社ともに芸能人やモデルをイメージモデルにしているので「美容室に雑誌の切り抜きを持参する」のと同じように、なりたいイメージモデルを見つけて試してみることがカラコン初心者さんが自分に合ったカラコンを見つける近道です。
カラーコンタクトは価格が安価なので初心者でも安心して複数の種類を試せるので、眼科を受診したら色々なカラーコンタクトを実際に試してみるのが良いでしょう。


着色直径

カラーコンタクトの人気ポイントでもある「デカ目」は、この着色直径によって決まります。デカ目を意識した初めてのカラコンに挑戦する方は着色直径を確認することが大切です。仮に、着色直径を確認しないと、外した時に裸眼との差が生じたり、白目が透けてカラコンがバレやすくなったりして不自然に見えてしまいます。
着色直径はほとんどの商品がパッケージに記載されていますが、商品により非表示の物もあるので、この場合は類似商品の着色直径を確認したりレビューを参考にしましょう。カラーコンタクトの一般的な着色直径は具体的に12.3mmから14.2mmで、個人差はあるもののカラコン初心者は裸眼に近い着色直径の「13.1mm」程度がおすすめです。


DIA

DIAが大きいコンタクトレンズは安定した付け心地になる反面、角膜が呼吸しにくくなります。酸素がコンタクトレンズを通り抜ける事を「酸素透過」言いますが、このDIAサイズが大きいほどレンズで瞳を覆う範囲が大きくなる為、酸素透過が下がってしまうのです。
カラコンに慣れた方であればDIAが大きいサイズを選ぶ人もいますが、カラコン初心者はDIAが小さめのコンタクトレンズから試してみましょう。DIAはパッケージや商品詳細に記載されており、カラコン初心者でも簡単に確認できます。一般的なカラコンのDIAサイズは14.0mmから14.5mm程度です。


フチあり・フチなし

カラコンの「フチ」とはカラーコンタクトの一番外側のラインのことです。このフチのラインがあると白目との境目がくっきりして派手な印象に変わります。初めてカラーコンタクトを選ぶ時は、派手にしたいのか、ナチュラルにしたいのかでフチの有無を選びましょう。
初心者はフチを確認しないと、思っていたよりも派手になってしまったり、カラーコンタクトがバレたくない時にでもバレやすくなります。フチの有無は、カラコンが初めての方でも商品詳細や着レポ、レビューなどで簡単に確認できます。DIA・着色直径・BCを把握していても、フチの有無で失敗する場合もあるので、初めてのカラーコンタクトの場合はよく確認しましょう。


レンズカラー

DIA・着色直径・BC等と違いレンズカラーに明確な答えはありませんが、なりたいイメージを持つことでレンズカラーは自然に絞られてくるでしょう。
一般的な人気レンズカラーは、ブラウン系、グレー系、ブラック系です。ブラウン系は自然に瞳に馴染むのでカラコン初心者からカラコン常連者まで幅広い人気があります。カラーコンタクト初心者はレンズカラーを確認しないとイメージ通りになりにくいため、カラコンのパッケージをよく確認しましょう。

【着用レンズ】
(上)ブラウン:フェリアモシアーブラウン
(中)グレー:エンジェルカラーヴィンテージワンデーグレー
(下)ブラック:フランミーカカオワッフル


カラコンは正しい知識で正しく使おう

初めてのコンタクトレンズ使用前は必ず眼科で診断を受けましょう。
そこで自分のコンタクトレンズに関するDIA・着色直径・BCなどの基本情報が明確になります。眼科へ何も知らないまま行くよりは、今回ご紹介したDIA・着色直径・BCの基本情報だけでも理解しておくことで眼科での説明が分かりやすくなります。
カラコンは初心者でも手軽に試せるファッションアイテムになりますので、ぜひコンタクトレンズの基礎知識と使用方法を理解したうえで楽しんで下さい。




モアコンでカラコンを探す

その他カラコン選びの参考にしたい記事

初心者必見☆カラコンの選び方講座

初めてのカラコン選びの参考に♪

有名人がイメモの人気カラコン特集☆

王道ブラウンカラコン特集♡

Waiting...