もっと詳細にしぼり込む

カラコンは処方箋なしで買える?カラコンの買い方をチェック

カラコンは処方箋なしで買える?
カラコンの買い方をチェック

メイクする女性

カラコンを選ぶ際に、処方箋が必要か気になる人は多いのではないでしょうか。特に、昨今ではオンラインショッピングの普及により、何でも手軽に購入できるため、そういった疑問を抱く人は多いでしょう。
この記事では、処方箋なしでもカラコンを買えるのかについて解説します。また、処方箋なしで買うカラコンの安全性や、メリット・デメリットについても解説するため、処方箋なしでカラコンを買おうとしている人は参考にしてください。

カラコンは処方箋なしで買える?

カラコンを購入する際は、事前に眼科を受診して処方箋をもらうのが安全です。
しかし、処方箋をもらわなくてもカラコンを購入したいと考える人もいるでしょう。ここでは、処方箋がなくてもカラコンは購入できるかについて解説します。

カラコンは処方箋がなくても購入可能

カラコンは処方箋なしでも購入可能です 。日本では、薬機法に基づいてカラコンを含めたコンタクトレンズは高度管理医療機器に分類されていますが、処方箋を提出する義務は法的に設けられていません。そのため、多くのオンラインショップや実店舗では、処方箋を要求されることなくカラコンを購入できます。つまり、眼科に受診しなくても、自由にカラコンを購入可能です。

未成年でも処方箋なしで購入できる?

カラコンは未成年者の場合でも、処方箋なしで購入可能です。しかし、未成年者の健康と安全を守るため、カラコンを購入する際に保護者の同意が必要とされる場合があります 。たとえば、カラコンをオンラインショップで購入する場合は、購入者の年齢確認や、保護者の同意が求められる手順があるのが一般的です。
また、実店舗でカラコンを購入する際は、購入者本人または保護者が購入に同意する内容が記された「購入承諾書 」の提出を求められることがあります。これは、未成年者を含めた購入者が自己判断でカラコンを購入し、使用する責任を負うことに同意したと証明するためです。したがって、未成年者がカラコンを購入する際には、保護者とよく相談し、同意のもとで購入しましょう。

処方箋なしで買えるカラコンは安全なのか?

カラコンは高度管理医療機器に該当し、医薬品医療機器法に基づいて厚生労働大臣に承認される必要があります。そのため、日本で販売されているカラコンは厚生労働大臣が安全であると認めた商品 です。しかし、安全なカラコンでも正しく使用しないと、目に傷がついたり、感染症を発症したりなどのリスクが伴います。こうしたリスクを低減させるためにも、眼科を受診して処方箋をもらったうえで、自身の目に適したカラコンを選ぶのが望ましいです。
処方箋には、目の形状・健康状態などの自身の目に関する具体的な情報や、カラコンに関する注意事項などがまとめられています 。特に初めてカラコンを使用する方は、自身の目に合ったカラコンの購入や正しいケアを行えるように、処方箋をもらいましょう。

処方箋なしでカラコンを買うメリット・デメリット

処方箋をもらいに行くのが面倒であるため、処方箋なしでカラコンを購入している人も多いでしょう。しかし、処方箋をもらわずにカラコンを購入することにはデメリットも存在します。ここでは、処方箋なしでカラコンを買うメリット・デメリットについて見ていきましょう。

処方箋なしでカラコンを買うメリット

処方箋なしでカラコンを買うメリットは以下の通りです。

■ 必要なときにすぐに購入できる
■ 眼科に行く費用や時間をなくせる

ここでは、それぞれについて詳しく解説します。

必要なときにすぐに購入できる

1つ目のメリットは、カラコンが必要なときにすぐに購入できる点です。処方箋をもらうには、眼科を受診する必要があります。処方箋の有効期限は、長くても3ヶ月ほどであるため、期限が切れていると購入前に処方箋をもらいに行かなければなりません。そのため、急にカラコンが必要になったときでも、購入するまでに手間がかかるでしょう。
一方、処方箋なしでカラコンを購入すれば、処方箋をもらう手間が省けます。特にオンラインショップでカラコンを購入する場合は、スマホで簡単に購入できます。

費用を抑えられる

処方箋が不要なことは、経済的な観点からも利点があります。眼科で処方箋をもらう際の費用は、初診で1,500円~2,000円程度、再診で300円~600円程度です。 処方箋なしでカラコンを購入すれば、こうした費用を抑えられます。
さらに、カラコンのオンラインショップでは、処方箋が不要になることで定期購入のプランの利用が可能です。カラコンの定期購入では、「〇%割引」といった特典がつくケースが多いため、カラコンの購入費用を抑えられるでしょう。このように、処方箋なしてカラコンを購入することで、費用が抑えられるのは、大きなメリットといえます。

処方箋なしでカラコンを買うデメリット

次に、処方箋なしでカラコンを買うデメリットについて見ていきましょう。 主なデメリットは以下の通りです。

■ カラコンが自身の目に合わない場合がある
■ 健康への意識が低くなる

カラコンが自身の目に合わない場合がある

処方箋なしでカラコンを買うと、自身の目の形状と合わない可能性があります。カラコンのパッケージには、ベースカーブといわれるカラコンの曲がり具合を示す数値が記載されています。この数値をもとに、自身の目に合うカラコンを選ぶのが一般的です。自身の目の形状に合わないベースカーブのカラコンをつけると、目を傷つけたり、充血がひどくなったりするため、目に合ったベースカーブのカラコンを選びましょう。
自身の目に合わないカラコンを購入すると返品できず無駄になることもあります。こうしたリスクをなくすために、特に初めてカラコンを買う際は、眼科に受診し処方箋をもらったうえで、購入しましょう。

健康への意識が低くなる

処方箋なしでカラコンを購入するのが続くと、目に対する健康の意識が低くなる可能性があります。特にオンラインショップを利用する場合は、家から出なくてもカラコンを購入できるため、目の健康への意識が低くなる可能性もあります。
健康への意識の低下により、眼科への定期受診を怠る可能性もあるでしょう。さらにカラコンのケアを怠り、感染症を発症するリスクが高まります。感染症にかかると、失明する可能性もあり危険です。こうしたリスクを抑えるためにも、特に初めてカラコンを購入する人は、事前に眼科に受診して処方箋をもらいましょう。

モアコンタクトでカラコンを探す

モアコンタクトでは、処方箋なしでもカラコンを購入できます。忙しかったり、すぐにカラコンが必要になったりする場合でも、多くのメーカーを取り扱っているモアコンタクトであれば、手軽に希望の商品を見つけられるでしょう。モアコンタクトは、高度管理医療機器の販売業許可を受けており、取り扱っているすべての商品は日本の厚生労働省の承認を受けたものです。品質が保証されているため、安心して購入していただけます。
モアコンタクトでは、豊富な種類のカラコンが揃っています。自分の好みに合わせて、さまざまなデザインやカラーから好みのものを選択できるでしょう。さらにセールや割引キャンペーンも実施しているため、理想のカラコンをお得な価格で入手できます。ただし初めてカラコンを購入する際は必ず眼科を受診し目の状態などを確認したうえでご購入ください。

さいごに

カラコンは、処方箋なしでの購入が可能です。また、未成年者がカラコンを使う場合、保護者の同意があれば、処方箋なしでも購入することが可能です。 処方箋なしでカラコンを購入することは、すぐに購入できたり、費用を抑えられたりなどのメリットもあります。しかし、自身の目に合ったカラコンを見つけるのが難しくなり、目に傷がついたり、充血がひどくなったりなどの目のトラブルが引き起こるリスクが高まります。さらに、処方箋をもらいに眼科に行かなくなれば、健康への意識も低下するでしょう。そのため、特に初めてカラコンを使用する人は、安全を確保するためにも処方箋をもらったうえで購入することをおすすめします。また、カラコンを購入したあとも定期的に眼科を受診することがおすすめです。
モアコンタクトでは、安全基準を満たす処方箋不要のカラコンを豊富に取り扱っています。安心して質の高いカラコンを購入できるため、ぜひご利用ください。

日本最大級のカラコン通販サイト「モアコンタクト」について

私たち「モアコンタクト(モアコン)」は、カラーコンタクトの商品取り扱い点数が国内最大級のカラコン通販サイトです。取り扱っているカラコンは全て国内の承認を得た安全なカラーコンタクトのみです。ロングセラーの有名人気ブランドや、芸能人がイメージモデルの話題のカラコンも取り扱っています。1品のみでも送料無料で発送、在庫保有商品は17時までのご注文で即日発送も行っています♪

Waiting...