カラコン通販|モアコンタクト(モアコン)

もっと詳細にしぼり込む

カラコンをつけたまま寝ると失明する!?
目に負担をかけない使用方法とは

寝ている女性

カラコンを装用したまま寝る危険性・対処法・予防策をチェック

「レンズを外すのが面倒だからそのまま寝てしまった」「移動のちょっとした時間だけだからカラコンをしたまま仮眠をとろう」…このように、うっかりカラコンを装用したまま寝てしまう方が多くいます。しかし、カラコンを装用したまま寝ることによって、想像以上に怖い目のトラブルやリスクを引き起こすことがあるため注意が必要です。そこで今回は、カラコンを装用したまま寝ることによる危険性とその対処法や予防策をご紹介します。

カラコンを装用したまま寝るのは絶対にNG!

結論的には、カラコンを装用したまま寝ると目に負担をかけてしまうため、絶対にNGな行為です。しかし、具体的に目にどのような負担をかけてしまうのでしょうか?ここでは、カラコンを装用したまま寝ることによる危険性を見てみましょう。

カラコンを装用したまま寝るとどうなるの?

カラコンを装用したまま寝ることで、目に様々なトラブルが起こります。そのなかでも代表的なものが「角膜の傷」と「角膜の酸素不足」です。目への負担が大きくなることで、目の違和感や眼障害、最悪の場合は、失明に至ることもあるため注意が必要です。

角膜の酸素不足

角膜には血管がないため、空気中から直接酸素をとり込むか涙で運ばれてきた酸素を吸収する必要があります。しかし、カラコンを装用することで、角膜をレンズで覆ってしまいます。すると、角膜がほとんど呼吸できない状態になり、角膜の酸素不足を引き起こしてしまうのです。

角膜の傷

カラコンを装用したまま寝てしまうと、酸素が行き渡らなくなってレンズや目が乾きやすくなります。その乾いたレンズと角膜が擦れることによって、目に傷が発生しやすくなります。目の傷は細菌侵入の原因にもなるため、非常に危険です。

一度失われた角膜内細胞は再生しない

十分な酸素が角膜にいき届かなくなることにより、目の呼吸や代謝を担っている重要な細胞「角膜内皮細胞」の減少を促進させてしまいます。この細胞は、一度失われてしまうと一生再生することがないデリケートなもので、長時間酸欠が続くことによって余計に細胞減少が早めてしまうリスクがあります。

酸欠による眼障害

目が酸欠状態になって細胞が減ることにより、下記のような症状が現れるか脳性があります。


  • ドライアイ
  • 眼痛
  • 目のかゆみ、異物感、まぶたにブツブツができる(アレルギー性結膜炎)
  • 白目が高く盛りあがる、白目が黄色っぽく変色する(瞼裂斑炎/けんれつはんえん)
  • 瞳孔の上までまぶたがあげられない(眼瞼下垂/がんけんかすい)

最悪の場合失明のリスクも

「感染症」や「角膜障害」などの眼障害が悪化すると、最悪、失明につながる危険性があります。
また、眼障害のなかには、自覚症状がないものもあるためカラコンを装用したまま寝るのは絶対にやめましょう。

仮眠なら大丈夫?

仮眠

休憩時間や移動時間など仮眠をとりたくなるときがあると思います。しかし、カラコン装用中は、目が酸素不足になりやすい状態です。そのうえ、カラコンを装用したまま寝ることによってまばたきをすることができず、より酸素不足になりやすくなってしまいます。短時間の仮眠でもレンズを外すことが必要です。

カラコンを装用したまま寝てしまったときの対処法

「カラコンを装用したまま寝てはいけない」と分かっていても、悪気なくカラコンを装用したまま寝てしまったということがあると思います。そういったときは、どのように対処したら良いのでしょうか?目への負担を軽減するための対処法をご紹介します。

カラコンを無理やり外すのはNG

カラコンを装用したまま寝ると、乾燥によってカラコンが目にくっついてしまい、簡単に外しにくい状態になります。このとき、無理やりレンズを外そうとすると、角膜を傷つけたりレンズが目の中で破れたりしてしまう恐れがあります。カラコンを装用したまま寝てしまった場合は、目が傷つかないよう慎重にレンズを外してください。

もしカラコンのレンズがとれなくなったら?

目薬をさしてもレンズがとれない場合には、水を張った洗面器に顔をつけて目をパチパチさせます。すぐにレンズが外れなかった場合でも、カラコンに水分が供給されるため普段通りにレンズを外すことが可能になります。ただし、水道水の影響によりレンズに細菌が付着したり汚れたりする可能性があるため、外したあとのレンズは必ず専用の洗浄液でお手入れをしておきましょう。

カラコンが目の中で行方不明になったら?

カラコンを装用したまま寝ることで、目の中でカラコンが行方不明になることがあります。そのときには、慌てず目の中を確認してください。目薬をさしたり鏡を見たりしながら眼球を動かしてみたりすると見つけやすいでしょう。下記のページでは、カラコンがズレてレンズが外しにくいときの対処法を詳しくご紹介しています。
痛い!ズレる!カラコンを使用しているときの不安を解消する方法

眼科で受診する

カラコンを装用したまま寝ることにより、目の違和感や痛みを引き起こしたりレンズが目の中で見つからなかったりすることがあります。このようなときは、自分で対処せず早めに眼科で診察を受けましょう。特にドライアイやアレルギーのある方は、カラコンを装用したまま寝ることにより、症状を悪化させることもあります。目の健康を維持するため、定期的に眼科へ受診することをおすすめします。

カラコンを装用したままうっかり寝てしまわないための予防策

うっかりカラコンを装用したまま寝ることによる危険性とリスクは非常に高いです。そのため、カラコンを装用したまま寝ることがないように予防をすることも大切です。習慣化することができれば日常のなかでもほとんど手間がかからない方法なので、ぜひ試してみてください。

家に帰った時点でレンズを外す

自宅に帰ったら、すぐにレンズを外す習慣をつけておくのがおすすめです。カラコンが必要ないときにレンズを外しておけば、うっかり居眠りをしてしまったときでも安心です。自宅ではリラックスしていると、いつの間にか寝てしまうこともありますし、長時間のカラコン装用は目の負担にもなります。必要がないときは、すぐにカラコンを外すようにしておきましょう。

常にレンズケースを持ち歩く

外出先で目の乾燥や痛みなどが出たときにもレンズを外せるように、保存液を入れたレンズケースを持ち歩いておくと便利です。特に通勤や通学で移動時間が長い方や出張が多い方は、移動中に仮眠をとることもありますし、急に目の調子が悪くなることもあります。カラコンを装用したままで症状を悪化させないために、レンズケースを持ち歩くようにしておきましょう。

寝てしまう前にレンズを外すことを徹底して目の健康を守ろう!

目元

カラコンを装用したまま寝ることによって、眼障害だけではなく最悪は失明を引き起こす可能性があります。そのため、「カラコンを装用したまま寝てしまった…」と、うっかりミスだけでは済まされない大きなリスクにつながることを十分に理解する必要があります。実際に、カラコンをしたまま寝たあとにゴロゴロした違和感や目の痛みがあるときは、すぐにレンズを外して眼科を受診してください。
また、このような目のトラブルを引き起こさないためには、日常生活のなかでレンズをすぐに外す習慣をつけることが大切です。安易な気持ちでカラコンの間違った使い方をしないよう、十分注意しておきましょう。

Waiting...