もっと詳細にしぼり込む

カラコンにカビが生える!?知らないと怖いお手入れ不足によるリスク

カラコンにカビが生える!?
知らないと怖い
お手入れ不足によるリスク

コンタクト

日頃のお手入れでカラコンのカビ発生を未然に防ごう!

2Weekやマンスリーなどの連続装用カラコンは、毎日使う方だけではなく「週末だけ」「デートをするときだけ」というように使い分けをされている方もいます。ただ、この使い分けをする際に注意しておきたいのが、カラコンやレンズケースのカビ。カビが生えたカラコンは、不衛生なだけではなく、さまざまな目のトラブルや眼障害、最悪の場合は失明のリスクもあるため正しいレンズケアをする必要があります。今回は、カラコンに潜む「カビ」の危険性と眼障害のリスク、さらにカビが生えたときの対処法をご紹介します。

カラコンに潜むカビの危険性

カラコンに生えたカビは、眼障害だけではなく失明してしまうリスクにつながるほど危険なものです。ここで、カラコンに潜むカビの危険性と眼障害のリスクを見ていきましょう。

汚れを放置するとカラコンにカビが生える

2Weekやマンスリーなどの連続装用カラコンは、毎日のレンズケアが大切です。このレンズケアを怠って汚れを放置しておくことにより、レンズに汚れが沈着し細菌やカビが増殖する原因となってしまいます。また、保存方法によってもカビが発生するため、正しいレンズケア・保存が必要です。

カラコンのカビによって発生する眼障害

カビの生えたカラコンを使用することで、目の違和感だけでなく感染症などの眼障害を引き起こす恐れがあります。また、カラコンだけでなくレンズケースの汚れもカビの発生源になるため、注意が必要です。

アカントアメーバ角膜炎

アカントアメーバ角膜炎は、初期症状がほとんどなくゆっくりと進行します。そのため、目の異常を感じたときには、症状がかなり進行していて重症化しているケースもあるようです。自覚症状としては、眼の痛みや異物感・目やになどがあります。しかし、症状が進行すると充血や強い痛み、ひどい場合には角膜が白く濁り、角膜に孔(あな)が開いて失明するケースもあります。

細菌性角膜炎

細菌性角膜炎は眼の違和感や痛み、充血などの症状があり、悪化すると「まぶしく見える」「見えにくくなる」こともあるようです。また、原因となる細菌や持病によって症状が急激に進行することもあるため、注意が必要です。

レンズケースの汚れにも要注意

カラコンだけではなく、レンズケースの汚れにも注意が必要です。レンズケースのケアを怠ったり保存液を変えなかったりすることにより、雑菌が繁殖しカビが生える原因になります。レンズケースのカビがカラコンに移り眼障害につながることもあるため、レンズケースのケアも非常に大切です。

カラコンやレンズケースにカビが生えてしまう原因

悩む女性

カラコンやレンズケースにカビが発生することで、目に悪影響を与えることがわかりました。しかし、どうしてカビが発生してしまうのか、その原因を知らないことには対策のしようがありません。ここでは、カラコンとレンズケースにカビが生えてしまう原因を見ていきましょう。

カラコンにカビが繁殖する4つの条件

カラコンには、涙液成分による汚れと化粧品や大気中のホコリによる外部からの汚れが付着しています。これらの汚れが蓄積されることが、カビの繁殖の原因です。そんなカビには、繁殖しやすい4つの条件があるようです。

  1. 湿度
  2. 湿度が60%を超えると繁殖力が強くなる

  3. 温度
  4. 20~30℃で菌が活発に繁殖する

  5. 栄養素
  6. ホコリや汚れなど、なんでも栄養として取り入れる

  7. 酸素
  8. わずかな酸素があれば、生存できる

上記の4つが「カビが繁殖」する条件です。しかし、このうち「温度・栄養素・酸素」は、対策することがほぼ不可能なため、カビの増殖を抑えるためにも「湿度」を60%以上越えないように気をつけることがポイントです。

レンズケースにカビが発生する原因

カラコンだけではなく、レンズケースも清潔に保たなければ、カビが繁殖する原因をつくってしまいます。そこで、レンズケースの使用方法でカビが発生してしまう原因を確認しておきましょう。

保存液を交換していない

保存液の使い回しをしたり長期間保存液を放置したりすることで、レンズケースに汚れ蓄積してカビが生える原因になります。カラコンを保管するときには、カビの繁殖を抑えるために毎日保存液を交換する必要があります。

長期間同じレンズケースを使用している

レンズケースは、長期間同じものを使う方が多いと思います。しかし、レンズケースをしっかり洗浄をしていても、長期間使用することで細菌繁殖の原因になるので定期的に新しいケースと交換してください。

レンズケースを濡れたまま使いまわしている

レンズケースを濡れたまま使いまわしていると、水道水が保存液と混ざりレンズに細菌が繁殖してしまいます。レンズケースの洗浄後は必ず自然乾燥をするようにしましょう。

わたしのカラコンは大丈夫?カビが生えたときの対処法

カビの危険性や発生する原因は理解していても、「カラコンやレンズケースにカビが発生しているかどうかわからない」「カビが生えたカラコンをそのまま使っているかもしれない」という不安は残るでしょう。ここでは、カラコンやレンズケースにカビが生えたときの対処法をご紹介します。

カビが発生しているかどうかを確認する

カビが発生しているかどうかを確認するためには、装用前にカラコンをしっかり目視することが大切です。カラコンとレンズケースそれぞれのカビができやすいポイントを確認しましょう。

カラコン

女性とカラコン

レンズに指がよく触れる部分に汚れが多く付着しているため、カビが発生しやすいと言われています。カラコンの場合、着色があるためカビを見極めにくいのですが、白色の点々やオレンジ色の変色が見られたらカビが生えている可能性があるため、注意しておきましょう。

レンズケース

レンズケース

カビはプラスチックにつきやすい特徴を持っているため、レンズケースにカビが発生する可能性があります。特にレンズケースのフタにカビが繁殖しやすいと言われています。また、目に見えない小さなカビが繁殖している可能性があるため、レンズケースのケアが重要です。

カビの生えたカラコンの使用は絶対にNG

「カラコンにカビが生えても、洗浄すれば大丈夫!」「冷蔵庫で冷やしておけば細菌が死滅する」と考える方もいるようですが、一度カビが生えてきたら除去することはできません。また、一度カラコンにカビが生えてしまうと、レンズの中まで菌が侵食している可能性があるため、使用は絶対にNGです。カビを発見する、もしくはその疑いがある場合は、カラコンを捨ててレンズケースも交換しましょう。

カラコンとレンズケースのお手入れでカビ予防

カラコンとレンズケースにカビを繁殖させないためには、正しいお手入れがポイントになります。また、お手入れが苦手という方におすすめのカビ予防法もご紹介します。

カビ予防に必要なのは「正しいお手入れ」

カビを予防するためには、正しいお手入れをすることです。毎日正しいお手入れをしていれば、レンズに汚れが残ることがなく細菌の繁殖を防ぐことができます。また、レンズケースも毎日洗浄し新しい保存液と交換することで、清潔なレンズを保つことができます。カラコンの詳しいお手入れ方法に関することは、下記のページを参考にしてください。
使用前にチェック!カラコンを清潔に保つための正しいお手入れ方法

レンズケースのカビ対策は2コ使いがおすすめ

レンズケースのカビを予防するには、毎日の洗浄が必要です。しかし、レンズケースを洗ったり洗浄液を変えたりする時間が取れないことがあるでしょう。このようなときは、レンズケースを2コ使いすることがおすすめです。2コのレンズケースを交互に使うことで、常に綺麗な状態に保つことができます。もちろん、レンズケースのお手入れは必須ですが、交互に使うことによってカビが繁殖するリスクを下げることができます。

お手入れ不要なワンデータイプのカラコンを使う

カラコンやレンズケースのお手入れが面倒だと感じる人は、ワンデータイプのカラコンがおすすめです。ワンデータイプなら、1日限りの使用なので外したらそのまま捨てるだけで手間がかかりません。また、レンズケースも不要なので、お手入れの手間を省いて清潔なカラコンを使用したいという方は、下記のページから自分に合うカラコンを探してみてください。
「モアコンタクト」ワンデーで探す

目の健康を考えてカラコンとレンズケースを清潔にしよう

目

カビが生えたカラコンを使用すると、感染症などの眼障害を引き起こす危険性があるため、1度でもカビが生えてしまうと再利用することができなくなってしまいます。カラコンのカビを生えさせないためにも、カビが繁殖してしまう原因を知り、カラコンやレンズケースを正しくお手入れをすることが大切です。目の健康を守りながらオシャレを楽しむためにも、カラコンとレンズケースを清潔に保ちましょう。

一致する情報は見つかりませんでした。

Waiting...