カラコン通販|モアコンタクト(モアコン)

もっと詳細にしぼり込む

カラコンは【DIA】の確認が必須!
瞳にやさしいベストサイズとは?

女性

自分の瞳にあったDIAを選ぶ必要性

カラコンをコスメ感覚で使用している方も多いです。しかし、カラコンは高度管理医療機器であり、間違った知識や使い方をしてしまうと瞳を傷つけてしまう恐れがあります。また、最悪の場合、失明の危険性もあるため、瞳にやさしいカラコン選びが必要です。そこで、今回はカラコン選びの基本となるレンズサイズ(DIA)や目の健康を考えたカラコンサイズ選びのポイントをご紹介します。

瞳にやさしいサイズを選ぶならDIAを要チェック

瞳にやさしいカラコンを選ぼうと思っていても、数ある商品の中から選ぶのは簡単ではありません。そこで瞳のことを考えたカラコン選びに欠かせないレンズサイズ(DIA)について、詳しくご紹介します。

DIAとは?

DIA(ダイア)とは、レンズの直径のことを表しています。このサイズは、レンズを平たくしたサイズではなく、カーブしたままの状態の大きさのことです。基本的に0.1mm刻みで13.8mm~15.0mmのバリエーションがあり、瞳の大きさにあわせて選べるようになっています。

  • DIAと着色直径との違い
  • 直径

    DIAと着色直径の違いを簡単に説明すると、DIAはレンズ全体の大きさ、着色直径は着色されている部分の大きさのことです。そのため、DIAは着色直径よりも0.5mm~1mmほど大きいサイズになります。

  • DIAの大きさ別のイメージ
  • DIA14.0mm以下:瞳と変わらないサイズ
    DIA14.2mm:ナチュラルに盛れるサイズ
    DIA14.5mm以上:瞳より大きくしっかり盛れるサイズ

  • DIAの平均
  • DIAの平均は14.2mmで、自然に盛れるサイズが人気です。特に女性の場合は「14.5mmでしっかり盛ったほうが可愛い」という声が多く、男性は「ナチュラルな感じが可愛い」という声が多くあるのだとか。男性ウケを狙うなら、平均サイズである14.2mmのカラコンがオススメです。

なぜ、DIAを確認する必要があるの?

  1. つけ心地が変わる
  2. DIAの大きさによっては、瞳にレンズがフィットしにくいものあり、これがカラコンのズレやつけ心地が悪くなる原因になります。また、レンズのズレによって摩擦で眼が傷ついてしまうこともあるため、自分に合うDIAを知る必要があります。


  3. 瞳に負担がかかる
  4. DIAが大きすぎると、レンズが角膜に覆われてしまい目が酸欠状態になります。そうすると、目が乾きやすくなったりレンズが瞳にくっついて眼を傷つけたりするなど、目に負担がかかってしまうこともあります。

レンズサイズが大きすぎると瞳が酸欠状態になる!?

具体的に瞳が酸欠状態になることによって、どのくらい目に負担がかかってしまうのでしょうか?瞳が酸欠状態になる原因とトラブルを見てみましょう。

なぜ、瞳には酸素が必要なの?

酸欠が続いてしまうと、酸素を取り込もうと本来血管のない角膜に血管が入り込んでしまう恐れがあります。特に自覚症状がないため、気づかないまま放置される場合が多いのだとか。しかし、最悪の場合は失明にも繋がるリスクもあり、酸欠の瞳は傷がつきやすく感染症のリスクも高くなってしまうので、酸素を十分補給することが大切なのです。

目の酸素不足に要注意!「美瞳」に求められるカラコンの使い方

瞳が酸欠になる原因

【DIAによる原因】

角膜は、涙液を通して空気中の酸素を取り込み呼吸します。しかし、カラコンを使用することによって、レンズが角膜を覆うため瞳に酸素が取り込めない状態になってしまいます。DIAが大きければ大きいほど瞳に負担がかかるため、酸欠状態になるリスクが高まります。

【そのほかの原因】

瞳の酸欠状態は、カラコンのDIA以外にもいくつか原因があります。まずは「まばたきの回数」。人は1日に14.000回まばたきをしているため、レンズとまぶたが擦れることが乾燥の原因になります。そして「カラコンの使用方法を守らないこと」。カラコンに記載されている使用期間や装着時間を守らない、間違ったケア方法をすることによって、レンズの細菌が繁殖する原因にもなります。

瞳の酸欠によって起こるトラブル

瞳の酸欠状態が原因で起こるトラブルをいくつかご紹介。これらのトラブルは、正しいカラコンの選び方や装着方法ができていれば、未然に防ぐことが可能です。

  • 不快感
  • 「目がゴロゴロする」「目が疲れやすい」「ショボショボする」「目が重い」など瞳が酸欠を起こすことによって不快感が出ます。不快感が病気の予兆の場合があるため、「ただの不快感だから大丈夫」と軽く考えずに、すぐに病院で検査を受けることが大切ですよ!

  • ドライアイ
  • 正常な目とドライアイ

    ドライアイは、瞳を守る役目のある「涙」の量が不足したり均等に行きわたらなくなったりする病気です。主にパソコンや携帯の使用やカラコンの装着が原因と言われており、2.200万人の方が悩まされています。ドライアイは瞳が乾燥するだけでなく、充血や痛みなどの症状も起こるので要注意です。

  • 眼障害(がんしょうがい)
  • 点状表層角膜症(てんじょうひょうそうかくまくしょう)や角膜内皮細胞障害(かくまくないひさいぼうしょうがい)、角膜血管新生(かくまくけっかんしんせい)など瞳の酸欠による眼障害の種類は数多くあります。これらの眼障害は専門の眼科で早期治療をすることで改善が見込ますが、放置をすることで悪化してしまい最悪の場合は失明してしまう恐れがあります。

レンズサイズ選びは裸眼より少し大きいくらいがGOOD!

レンズサイズが合わないことで、瞳に負担がかかることがわかりました。では、自分の瞳に合うレンズサイズをどのように選べばいいのでしょうか?正しい選び方を紹介しますので、しっかりチェックしておきましょう。

裸眼より少し大きいサイズがベスト!

目とコンタクト

カラコンの多くは、裸眼より少し大きめのDIAがほとんどです。そのため、瞳にやさしいものを選びたいときには、裸眼サイズより少し大きいサイズを選ぶのがベストです!日本人の瞳のサイズは平均11.0~12.5mmと言われていますので、14.0~14.2mmがオススメ!ナチュラルに盛りつつ、瞳にもやさしいサイズです。


  • 瞳より小さいサイズもズレの原因になるので注意
  • 「レンズが大きいほど瞳に負担がかかるなら、一番小さいサイズを選べばいい」と思われる方も多いと思います。しかし、カラコンは目からズレにくくするために裸眼より少し大きいサイズで作られています。そのため、小さければ良いというわけではないのでご注意ください。

DIAが大きいカラコンを選ぶなら【酸素透過率】の高いレンズがオススメ

瞳に負担がかかるとしても、カラコンでしっかり盛りたいときには、酸素透過率の高いカラコンを選ぶことで、DIAが大きいものでも瞳に負担が少なくなります。


  • 酸素透過率とは?
  • 酸素透過係数(レンズ素材が通せる酸素の値)をレンズの厚みで割った数値(DK/L値)のことです。カラコン装着時に、「どれだけ瞳に酸素を通すことができているのか」を数値で表しています。

  • 含水率・イオン特性によって酸素透過率は変わる
  • カラコンは、含水率とイオン特性によってグループ分けされています。そのグループによって酸素透過率(DK/L値)が異なるので、カラコンを購入する際には注意して見てみてください!
    ちなみに、DK/L値のイメージは下記の通りです。

    グループ 内容 DK/L値
    グループⅠ 低含水・非イオン性 10~17
    グループⅡ 高含水・非イオン性 24~26
    グループⅢ 低含水・イオン性 -
    グループⅣ 高含水・イオン性 33

  • 「どれだけ酸素を通せるか」がポイント
  • カラコンは角膜の表面全てをレンズで覆ってしまうため、酸欠になりやすい状態です。そのため、カラコン選びでは「どれだけ酸素を通せるか」がポイントになります。そこで重要になるのが、先程紹介した「酸素透過率」です。酸素透過率は、数値が高いほど角膜に酸素が行きわたりやすいため、瞳の負担が少ない大きいサイズのレンズを選びたいなら酸素透過率の高いものを選んでください。

瞳の酸欠防止のできるアイテムも活用しよう!

瞳の酸欠を防ぐことができるカラコン選びも大切ですが、アイテムを使うことでも酸欠予防をすることができます。身近な薬局などでも簡単に購入できるアイテムなので、ぜひ、参考にしてみてください!

瞳の酸欠防止ができるオススメアイテム

  • 装着液
  • 装着液は、カラコンを装着する前にレンズに垂らして使うアイテムです。装着液を使うことで、瞳とレンズの間に留まり乾燥を防いでくれます。また、装着液やレンズの汚れを防止する効果もあるため、装着感も快適になります。

    装着薬・装着液

  • 目薬
  • 目薬は、瞳の乾燥を一時的に緩和させることができますが、市販の目薬には防腐剤が入っています。ですので、市販の目薬を購入するときには、人工涙液タイプを購入するのがオススメです。目薬の中でも刺激が少なく瞳にやさしいタイプを探してみてください。

    知っておこう!カラコン装用時に使ってはいけない目薬と正しい選び方


瞳の酸欠防止に役立つアイテムを使用する以外にも、目を温める、マッサージをするなど「アイケア」をすることでも瞳の酸欠防止をすることができます。カラコンで瞳にかけた負担は、しっかりその日の内でケアをしてあげることがポイントです。

瞳への負担が少ないカラコン選びが大切!

目とコンタクト

瞳にやさしいカラコンを選ぶ上では、瞳が酸欠にならないようにDIAを確認して選ぶことが大切であることをご紹介してきました。自分の瞳のサイズを考えた上で、大きすぎず小さすぎない、自分の瞳より少し大きいくらいのレンズサイズを選ぶことが大切です。また、瞳への負担を減らすためにも、酸欠防止に役立つアイテムやアイケアは効果的です。自分に適したDIAを選んだ上で目の健康を考えたオシャレを楽しみましょう。

Waiting...